インターネットビジネスで重要なCV(コンバージョン)

変換や交換などの意味を持った英単語

CV(コンバージョン)とは、変換や交換などの意味を持った英単語です。 しかし、インターネットビジネスと関連してCVという言葉が使われる場合は、「サイト上で得られる、最終的な成果」という意味になります。 つまり、何を成果と捉えるかによって、CVという言葉の意味も変わってくるということです。 サイトの種類によって成果は異なりますから、それに伴ってCVという言葉の指す物も異なります。

「問い合わせ」が、コンバージョン

例えば、ECサイトであれば「商品の購入」、情報提供サイト・コミュニティサイトであれば「会員登録」、商品情報のサイトなどであれば「問い合わせ」が、コンバージョンということになります。 そして、ECサイトにおいては、コンバージョンとコンバージョン率が混同して使われていることが多くなっています。 例えば、ECサイトを作って人がたくさん来ても、購入してくれなければ無意味です。 つまり、ECサイトにおいては、訪問者数に対する購入者数の割合を上げなければいけないということです。 この時、購入した人を「コンバージョンした」と言い、その割合がコンバージョン率になります。 また、コンバージョン率は、特定の広告をクリックした人の割合を測ることにより、広告の効果を調べるという使い方もできます。 このように、コンバージョンおよびコンバージョン率は、LP制作の 対投資効果を図るうえで重要な指標と言えます。